「信じられない」=対応追われる県職員ら―ヘリ墜落

時事通信 / 2018年8月10日 22時30分

「信じられない思いだ」。群馬県の防災ヘリ「はるな」が墜落した10日、同県職員らは情報収集に追われつつ、安否が分からない搭乗員の無事を祈った。県防災航空隊によると、1997年の就航以来、山岳救助などに出動したはるなの飛行時間は7200時間を超える。同隊の橋爪光明補佐は「この21年間大きな事故なくやってきた。まだ信じられないが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング