台風15号、九州縦断=宮崎県上陸、対馬海峡に―大雨強風注意・気象庁

時事通信 / 2018年8月15日 12時3分

台風15号は15日午前3時前に宮崎県日向市付近に上陸し、九州を縦断して同9時には福岡市の北西沖へ抜けた。勢力は弱まったが、九州のほか、四国や近畿南部でも台風周辺の雨雲の影響で激しい雨が降った。気象庁は大雨や強風、高波に注意するよう呼び掛けた。15号は対馬海峡を北上し、15日夜には朝鮮半島南部付近で熱帯低気圧に変わる見込み。西日本の太平洋側では暖かく湿った空気が流れ込んで雨量が増える恐れがあり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング