夏時間、欧米では廃止検討=効果不透明、健康被害に懸念

時事通信 / 2018年8月18日 15時21分

【ブリュッセル時事】安倍政権が2020年の東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として夏時間導入の検討を始めた。海外では日照時間の有効活用などを理由に70カ国以上が実施している夏時間だが、「本家」の欧州や米国では効果の不透明さや健康被害への懸念から逆に廃止や見直しを検討する動きが広がっている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング