TATP響いた爆音=専門家「興味本位で製造は危険」

時事通信 / 2018年8月20日 13時22分

3月19日の夜、名古屋市の公園周辺にとどろいた爆音に、住民らは一斉に外に飛び出した。「ドッカーンって、すごい音だった。あれ以来ちょっとした音でもびっくりする」。近隣の女性は当時の恐怖を語った。少年が製造したとされる爆薬「過酸化アセトン(TATP)」は、威力が強く、高い殺傷能力を持つ。2005年にロンドン、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング