生活再建、ほど遠く=避難所生活なお1600人―北海道地震から1週間

時事通信 / 2018年9月12日 20時55分

北海道胆振地方を震源とする最大震度7の地震は、13日で発生から1週間。停電や交通インフラは復旧が進む一方、なお1592人(12日午後6時現在)が避難所生活を送る。寒さが日増しに強まる中、震源に近い厚真町などは、今も一部で停電や断水が続いている。ボランティア活動は本格化してきたものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング