ロシア戦闘機SU35を初確認=日本海上空、空自機緊急発進―防衛省

時事通信 / 2018年9月21日 14時43分

防衛省は21日までに、ロシアの戦闘機「SU35」が19日に日本海上空を飛行し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。スクランブルでSU35が日本周辺空域で確認されたのは初めて。領空侵犯はなかった。同省によると、SU35は戦術偵察機SU24などと計3機で能登半島沖から北海道沖の日本海を飛行した。日本側のレーダー探知能力やスクランブル体制などを探るのが目的とみられる。SU35はロシア空軍の多目的戦闘機で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング