ロシア正教会、総主教庁と関係断絶=ウクライナ正教会の独立承認に反発

時事通信 / 2018年10月16日 6時20分

【モスクワ時事】キリスト教東方正教会の最大勢力であるロシア正教会は15日、東方正教会最高権威のコンスタンチノープル総主教庁(トルコ・イスタンブール)との関係断絶を決めた。総主教庁がこれに先立ちウクライナ正教会のロシア正教会からの独立を承認したことに反発して取られた措置で、東方正教会の分裂は決定的となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング