企業、シニア人材に熱視線=再雇用の上限撤廃、若手にはマイナスも

時事通信 / 2018年10月20日 15時41分

60歳の定年を迎えた再雇用者に戦力として期待を寄せる企業が増えている。「即戦力」人材を囲い込むため、給与などの待遇改善や定年後の再雇用の上限年齢を撤廃する動きも目立つ。給与面などで不満を抱えるシニア側にはメリットが大きいが、若年層の働く機会が減ると懸念する声も上がる。トヨタ自動車は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング