強制不妊被害に「おわび」=旧優生保護法、救済策で―与党

時事通信 / 2018年10月21日 15時7分

旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されるなどした問題で、救済策を検討している自民、公明両党の与党ワーキングチーム(WT)が、被害者への「おわび」を示す方針を固めたことが21日、分かった。手術の記録が残っていない人も含め、救済対象者に一時金を支給する方針。救済策をめぐっては、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング