漂流木造船に男性遺体=北朝鮮からか―北海道・小樽沖

時事通信 / 2018年10月21日 19時22分

小樽海上保安部は21日、北海道小樽市沖約15キロの海上を漂流していた木造船から男性1人の遺体を発見した。同保安部は北朝鮮から来たイカ釣り船の可能性があるとみて調べている。同保安部によると、遺体はセーターや下着を着ていたが、身元が特定できるものは見つかっていない。一部白骨化するなど腐敗が進んでおり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング