【香港時事】英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、香港政府に就労ビザの更新を拒否され、香港を先月離れた同紙のビクター・マレット記者が8日、香港への入境を拒否された。同記者は香港独立を主張する団体代表の講演会を8月に開催した外国特派員協会の副会長で、ビザ更新と入境の拒否はいずれも講演に関連しているとみられている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング