自民・下村氏、憲法審幹事を辞退=「職場放棄」発言に野党反発

時事通信 / 2018年11月13日 20時18分

自民党の下村博文憲法改正推進本部長は、就任予定だった衆院憲法審査会幹事を辞退する意向を固めた。党関係者に13日に伝えた。下村氏から改憲論議への慎重姿勢を「職場放棄」と批判された野党が反発し、与党内でも懸念が出ていた。主要野党の憲法審幹事らは同日、国会内に集まり、下村氏から謝罪がない限り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング