ガザ停戦でイスラエル首相窮地=極右与党離反、総選挙前倒しへ

時事通信 / 2018年11月18日 19時44分

【エルサレム時事】パレスチナ自治区ガザでイスラム組織ハマスとの停戦に応じる決断を下したイスラエルのネタニヤフ首相が、連立与党内からの反発で窮地に立たされている。極右政党が相次いで離反の動きを見せ、来年11月に予定されていた総選挙の前倒しは不可避の情勢だ。首相は18日の閣議で「(ガザ情勢などで)敏感な時期に選挙に向かうのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング