【ストックホルム時事】今年のノーベル医学生理学賞を受賞する本庶佑京都大特別教授(76)が6日午後(日本時間同日夜)、ストックホルム市内のカロリンスカ研究所で公式記者会見を行い、「免疫力はがんと闘うカギになる」と強調した。共同受賞者のジェームズ・アリソン米テキサス大教授(70)とともに記者会見に臨んだ本庶さん。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング