革新機構の田中社長ら辞任へ=経産省と対立

時事通信 / 2018年12月10日 0時13分

官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)の田中正明社長は9日、辞任する意向を固めた。所管官庁の経済産業省と報酬、投資手法をめぐり対立しており、関係改善は困難と判断した。JICの取締役のうち、経産、財務両省出身の2人を除く全8人が田中氏と歩調を合わせ、辞任の意向を表明する見通し。新規産業創出を目指した官民ファンドは発足から3カ月足らずで機能停止に陥る。経産省は9月に既存組織を改組してJICを設置。大手銀行グループ出身の田中社長ら経営陣に年額で固定報酬1500万円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング