本庶さん、和服で授賞式に=川端康成氏以来、半世紀ぶり―ノーベル賞

時事通信 / 2018年12月10日 5時0分

【ストックホルム時事】今年のノーベル医学生理学賞を受ける本庶佑・京都大特別教授(76)がストックホルムで10日夕(日本時間11日未明)に開かれる授賞式に臨む。受賞者はえんび服の着用が通例だが、本庶さんは和服で出席する予定。日本人の和装は1968年に文学賞を受けた小説家の川端康成氏以来で半世紀ぶりとなる。ストックホルムのコンサートホールで開かれてきた医学生理学賞など5賞の授賞式は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング