死後1週間ほど経過か=20歳女性遺体遺棄―警視庁

時事通信 / 2018年12月11日 5時13分

専門学校生の谷口夏希さん(20)とみられる遺体が車の中で放置されていた事件で、検視の結果、遺体は死後1週間ほど経過している可能性が高いことが11日、警視庁捜査1課への取材で分かった。同課は同日、死体遺棄容疑で逮捕した熊沢義信容疑者(27)を送検。司法解剖して詳しい死因や死亡時期を調べる。熊沢容疑者は今月上旬、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング