「魔女の雑草」駆除に道=アフリカで猛威の寄生植物―名大など

時事通信 / 2018年12月14日 3時18分

アフリカ中南部でトウモロコシなどイネ科の作物を枯らし、年間1兆円もの農業被害をもたらす寄生植物「ストライガ」の駆除につながる画期的な分子を、名古屋大などの研究チームが開発した。論文は14日付の米科学誌サイエンス電子版に掲載される。ストライガの種は直径約0.2ミリと小さく、風で容易に飛散する。被害はサハラ砂漠以南の耕作地約5000万ヘクタールに広がり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング