酒気帯び運転で人身事故=容疑で警察職員逮捕―大阪府警

時事通信 / 2018年12月16日 10時56分

酒を飲んで車を運転し、人身事故を起こしたとして、大阪府警は16日、道交法違反(酒気帯び運転)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、府警本部装備課職員の大和良彰容疑者(44)=同府太子町春日=を逮捕した。府警によると、同容疑者は最寄り駅に妻を迎えに行った帰りで、「家でビール2缶と焼酎水割り3杯を飲んだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング