太陽系で最も遠い天体=公転周期1000年超か―米研究所など

時事通信 / 2018年12月18日 22時6分

太陽系で最も遠い天体を発見したと、米カーネギー研究所などの研究チームは18日までに発表した。直径約500キロの氷の天体と推定され、太陽からの距離は地球―太陽間の距離(約1億5000万キロ)の約120倍。100倍を超える天体が見つかったのは初めてで、太陽の周りを回る公転周期は1000年超の可能性がある。研究チームは11月に米ハワイ島にある日本の国立天文台のすばる望遠鏡を使ってこの天体を発見。今月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング