中国の習主席「覇権主義に反対」=トランプ米政権を批判―国際秩序の擁護者自任

時事通信 / 2018年12月18日 13時22分

【北京時事】中国で改革開放政策が始まり40年となった18日、北京の人民大会堂で記念式典が開かれた。習近平国家主席は演説で「開放型の世界経済の建設を積極的に推進し、覇権主義に反対する」と述べ、貿易摩擦で対立するトランプ米政権を暗に批判。「わが国は国際秩序の擁護者だ」と強調した。改革開放は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング