サムスン副会長ついに逮捕、韓国経済絶望 崔被告らへの贈賄容疑…輸出免許剥奪、公共事業入札禁止の制裁も

夕刊フジ / 2017年2月18日 17時12分

韓国の特別検察官(特検)は17日、贈賄容疑などで同国最大の財閥、サムスングループの経営トップで創業家一族の李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長(48)を逮捕した。逮捕状請求は一度は棄却されていたが、財閥や政権に反発する世論に押された格好だ。韓国の輸出額の約2割を占めるサムスンを率いる御曹司が逮捕されたことで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング