巨人“二塁手問題”再び暗礁 抜擢した中井が風前の灯火、ドラ1吉川尚も期待外れ…

夕刊フジ / 2017年5月18日 17時6分

巨人の“真空地帯”、二塁手が再び流動的になってきた。迷走の根本にあるのは、実績のない新人に開幕二塁スタメンを期待するという、画に描いた餅のチーム構想だ。「マイナビオールスターゲーム2017」ファン投票が16日に始まり、巨人の二塁手は中井大介内野手(27)が初のノミネート。10年目ながら1軍最多出場は2013年の48試合という中堅が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング