「貴乃花親方は不器用だが武士道と変わらん」 有力支援者、相撲界“何でもあり”に嘆き「白鵬筆頭に調子に乗りすぎ」

夕刊フジ / 2017年12月18日 17時6分

元横綱日馬富士(33)による暴行事件発覚以降、日本相撲協会は再三、被害者の貴ノ岩(27)への聴取を要望しているが、断固拒否し続けているのが師匠の貴乃花親方(45)=元横綱。同親方の心境を、有力支援者である龍神総宮社(京都府宇治市)の祭主、辻本公俊(よしとし)氏(65)が解き明かす。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング