日経平均は反発、1カ月ぶり高値 日電産ショックは回避

ロイター / 2019年1月18日 15時45分

[東京18日ロイター]-東京株式市場で日経平均は3日ぶり反発。前日の米国株高やドル高/円安に振れた為替を支えに買いが優勢となり、上げ幅は一時270円を超えた。終値は12月19日以来、約1カ月ぶりの高値水準となった。業績予想を下方修正した日本電産の株価が急落後、下げ渋る動きをみせたことも投資家心理の回復に寄与した。 騰落率は日経平均が前日比1.29%高。TOPIXが同0.93%高となった。TOPIXも1カ月ぶりの高値水準で引けた。セクター別ではパルプ・紙、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング