写真

 6月13日、米中貿易摩擦の影響を避けたいファンドマネジャーが、奇妙なことに中国の消費関連株に資金を注ぎ込んでいる。写真は中国の浙江省杭州で4月撮影(2019年 ロイター)

SwatiPandeyandNoahSin [シドニー/香港13日ロイター]-米中貿易摩擦の影響を避けたいファンドマネジャーが、奇妙なことに中国の消費関連株に資金を注ぎ込んでいる。関税による目先の悪影響よりも、中国中間層の拡大がもたらす将来性に着目しているためだ。 資金流入は、経済への悪影響に対処して中国政府が進めている経済政策への「信任投票」とも言える。 逆説的だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング