陸上イージス、電波影響調査へ=配備候補地、レーダー使用―防衛省

時事通信 / 2019年1月16日 21時46分

防衛省は、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」について、配備候補地である陸上自衛隊新屋(秋田市)、むつみ(山口県萩市)両演習場で、実際のレーダーを使用した電波影響調査を年度内に行う方針を固めた。健康などに影響するのではないかとの周辺住民の不安を払拭(ふっしょく)するのが狙い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング