ゴーン被告の交代示唆=仏紙でルノー会長代行

時事通信 / 2019年1月19日 1時18分

【パリ時事】フランスの自動車大手ルノーのラガイエット会長代行は、18日付の仏紙フィガロのインタビューに応じ、会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン被告を交代させる可能性を示唆した。会長代行は、「(経営トップの)不在が長期間続くとみられるため、持続可能な対応を取る責任がある」と語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング