対人障害改善の薬開発=「幸せホルモン」鼻からスプレー―浜松医科大

時事通信 / 2019年1月21日 5時14分

他者の気持ちを読み取ることが苦手など、対人コミュニケーション障害から生きづらさを抱えるとされる「自閉症スペクトラム障害(ASD)」。「幸せホルモン」とも呼ばれる「オキシトシン」を鼻からスプレーする治療薬で症状の改善が見られたと、浜松医科大学などが実用化に向けた研究を進めている。これまでASDに有効な治療法はなく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング