独仏、新友好条約を締結=「エリゼ」以来56年ぶり

時事通信 / 2019年1月22日 20時48分

【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は22日、独西部アーヘンで、両国の協力強化を定めた「独仏協力・統合条約」(アーヘン条約)に調印した。両国の戦後和解の基礎となった1963年の「エリゼ条約」以来、56年ぶりの包括的友好条約の締結となる。メルケル首相は「大きな課題に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング