住友重機、「動く歩道」で無資格検査=新たな不正288件―本体と子会社3社

時事通信 / 2019年1月24日 18時41分

住友重機械工業は24日、本体と子会社3社で、無資格者による検査や品質検査データ改ざんなど計288件の不正が判明したと発表した。「動く歩道」の定期検査のほか、スキーリフトに使われる減速機や電子部品の製造機械の出荷前検査などで不正が行われていた。対象製品の納入先は29社。不正件数や納入先は今後の調査で増える可能性がある。同社は現時点で安全面に問題がないことを確認したという。住友重機の別川俊介社長は同日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング