国会議長発言を擁護=「日本の誠意求める趣旨」―韓国政府

時事通信 / 2019年2月12日 15時33分

【ソウル時事】慰安婦問題で天皇陛下の謝罪が望ましいとする韓国の文喜相国会議長の発言について、韓国外務省報道官は12日の記者会見で、「慰安婦被害者の名誉や尊厳を回復し、心の傷を癒やすためには、日本側が誠意ある姿勢を示す必要があるという点を強調する趣旨だと理解している」と述べた。日本政府が求めている文氏の謝罪や発言撤回の必要性には触れず、発言を事実上、擁護した形だ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング