二つ目のクレーターか=グリーンランドの氷の下―NASAなど

時事通信 / 2019年2月12日 16時19分

グリーンランド北西部を覆う分厚い氷の下に直径36.5キロのクレーターとみられる地形を発見したと、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが12日までに発表した。近くの氷の下では直径31.1キロのクレーターが確認され、昨年11月に発表されたばかり。ただ、二つの巨大な隕石(いんせき)が同時に衝突してできた可能性は低いという。今回の発表は衛星観測データなどの解析に基づいており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング