中労委、情報漏えい調査=コンビニ団交で事前報道

時事通信 / 2019年3月18日 19時36分

中央労働委員会は18日、コンビニエンスストアのフランチャイズ加盟店オーナーの団体交渉権に関する命令をめぐり、情報漏えいの疑いがあったとして内部調査を開始したと発表した。中労委は15日、オーナーの団交権を認めない決定を下したが、命令を交付する前に内容が一部で報道されていた。中労委は17日に内部調査を始め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング