管制官の酒気検査を本格化=4月から高精度の機器使用―国交省

時事通信 / 2019年3月19日 15時22分

国土交通省は19日、航空機と直接交信する管制官らを対象に、4月から始業前のアルコール検査を本格化すると発表した。2月から暫定的に検査を行ってきたが、より精度の高い機器を使用する。パイロットで相次いだ飲酒問題を受け、対策の強化が必要と判断した。国交省によると、対象は航空管制官や空港周辺の気象情報などを伝える航空管制運航情報官ら計約1900人。アルコールが検知された場合は業務から外す。検査には管理職が立ち会い、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング