韓国・徴用工原告側、現金化着手を慎重に見極め=対抗措置警戒か

時事通信 / 2019年3月22日 15時43分

【ソウル時事】韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側関係者は22日、差し押さえた韓国内資産を現金化するための売却命令申請について「きょう、あすには行わない。準備が整い次第、申し立てる」と述べ、タイミングを慎重に見極める姿勢を示した。原告側弁護士らは2月15日、東京都千代田区の新日鉄住金本社を訪問。最高裁判決の履行に向けた協議を要請したものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング