受精卵密輸出、隠蔽工作か=遺伝情報流出に不安の声―大阪府警

時事通信 / 2019年3月22日 16時42分

和牛の受精卵などが中国へ不正に持ち出された事件で、大阪府警に逮捕された流出元の牧場経営松平哲幸容疑者(70)=徳島県吉野川市=が、携帯電話や販売記録の処分など隠蔽(いんぺい)工作をした疑いがあることが22日、捜査関係者への取材で分かった。同容疑者らは「何度も密輸出した」と供述し、購入先とされる中国の牧場は取材に「和牛を繁殖させ販売している」と回答。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング