選手ら輸送に課題山積=会場分散、首都高渋滞も―東京五輪500日切る

時事通信 / 2019年3月24日 7時1分

2020年東京五輪・パラリンピックでは、国内外から延べ1000万人以上が訪れる見通しで、選手らの円滑な輸送が大きな課題となる。競技会場は各地に分散しているが、大動脈の首都高速道路は朝夕の渋滞が常態化している。放置すれば混乱は避けられず、交通規制を担当する警視庁も警戒を強めている。リオデジャネイロやロンドンと異なり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング