日本企業に不満も=「支払い滞り赤字」―インドネシア地下鉄

時事通信 / 2019年3月24日 15時55分

【ジャカルタ時事】日本が全面的に関わったインドネシア初の地下鉄は、事業の遅れが日常茶飯事の国で目標通り「3月開業」にこぎ着けた。まだ工事が終わっていない場所があるなど駆け込み感は強いが、中国が受注した高速鉄道は数年単位で完工が遅れる中、日本ブランドの面目躍如となった。その陰で、受注した日本企業からは「支払いが滞り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング