タクシン派、第1党の見通し=過半数届かず連立交渉焦点―タイ総選挙

時事通信 / 2019年3月24日 19時27分

【バンコク時事】2014年のクーデター後から軍事政権が続くタイで24日、民政復帰に向けた総選挙(下院定数500)が行われた。公共放送PBSが事前調査などを基に伝えたところでは、軍政と対立するタクシン元首相派のタイ貢献党が163議席前後で第1党となる見通しとなった。プラユット暫定首相(65)の続投を目指す親軍政の国民国家の力党が第2党で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング