いじめ認知も「重大」扱いせず=中学男子、服脱がされ―広島県呉市教委

時事通信 / 2019年3月26日 18時49分

広島県呉市立中学校に通う3年生の男子生徒(15)が下着を脱がされるなどのいじめを受けていたことが26日、分かった。市教委はいじめ防止対策推進法に定められた「重大事態」として扱っていなかったといい、同日記者会見した寺本有伸教育長は第三者委員会を設置して調査する意向を示した。市教委によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング