日産に残業代支払い命令=元社員「管理監督者」該当せず―横浜地裁

時事通信 / 2019年3月26日 20時2分

日産自動車の課長級社員だった男性の遺族が、同社に未払い残業代約524万円を求めた訴訟の判決が26日、横浜地裁であった。新谷晋司裁判長は、男性が残業代の支給対象外となる「管理監督者」に該当しないと判断し、約357万円の支払いを命じた。争点は、上司の指揮命令を受けずに特定の業務に従事するとされる「スタッフ職」だった男性が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング