奄美、宮古に駐屯地新設=南西諸島防衛を強化―陸自改編

時事通信 / 2019年3月26日 0時7分

陸上自衛隊は26日、鹿児島県・奄美大島と沖縄県・宮古島に駐屯地を新設した。南西諸島防衛の強化が目的で、有事の初動対応を担い、作戦の拠点や中継地点にもなる。陸自は中国の軍事脅威に対応するための組織改編を続けている。奄美大島に配置されるのは、地対空・地対艦の両ミサイル部隊と警備隊で計約560人。宮古島も同様の部隊編成だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング