新日鉄住金資産の現金化先送り=徴用工訴訟原告―韓国

時事通信 / 2019年3月26日 11時58分

【ソウル時事】韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告側は26日、差し押さえた韓国内資産を現金化するための売却命令の申請を先送りする方針を表明し、同社に対し賠償に向けた協議を改めて求めた。一方で、日本政府が対抗措置の動きを見せていることを「韓国司法への不当介入であり、被害者の権利侵害だ」と批判。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング