北ア・鹿島槍ケ岳で遭難か=新潟の2人、予定日戻らず―長野

時事通信 / 2019年3月26日 12時46分

北アルプスの鹿島槍ケ岳(長野・富山両県、2889メートル)に入山した新潟市の会社員2人が下山予定日を過ぎても戻らないと、所属する山岳会から25日、長野県警に届け出があった。県警ヘリが現場を捜索したが見つからず、26日朝から再開している。県警大町署によると、遭難したとみられるのは新潟市南区の男性会社員(44)と同市北区の男性会社員(47)。登山計画書によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング