月再到達「5年以内に」=中国意識、民間ロケット活用も検討―米副大統領

時事通信 / 2019年3月27日 7時57分

【ワシントン時事】ペンス米副大統領は26日、アラバマ州ハンツビルで演説し、「米国は5年以内に、米国人宇宙飛行士を再び月へ送る」と宣言した。目標達成に向け、民間が開発したロケットを活用する可能性もあると明らかにした。ペンス氏は「20世紀に月へ到達した最初の国になったように、われわれは21世紀に月へ戻る最初の国になる」と強調。中国が世界で初めて月の裏側に無人機を着陸させたことにも触れ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング