北朝鮮局長、ポンペオ氏との対話望まず=「物事複雑に」と批判

時事通信 / 2019年4月18日 17時9分

【ソウル時事】北朝鮮のクォン・ジョングン米国担当局長は18日、ポンペオ米国務長官の対応を非難し、今後、対話をしたくないとの考えを表明した。朝鮮中央通信が報じた。クォン氏は同通信記者の質問に答える形で、物別れに終わった2月のハノイでの米朝首脳会談の教訓として、「物事が実現しそうになっても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング