トヨタやソフトバンク、ウーバーに1100億円出資=自動運転、グーグル系追撃へ

時事通信 / 2019年4月19日 19時8分

トヨタ自動車とソフトバンクグループの投資ファンドなど3社は19日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ側に計10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。車を所有せず共同で利用する動きが広がる中、今後の需要拡大が期待されるライドシェア(相乗り)向けに、自動運転車両の開発力を強化するのが狙い。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング