ギリシャ、独資産差し押さえ検討=戦争賠償で「最終手段」

時事通信 / 2019年4月20日 6時34分

【ベルリン時事】ドイツ紙シュピーゲル(電子版)は19日、ドイツに第2次世界大戦での被害で戦争賠償を求める方針を決めたギリシャが、賠償の一環として国内のドイツの資産の差し押さえを検討していると報じた。国内では差し押さえを認める判決が出たことがあるが、これまでは政府が対独関係を考慮し実行に移していなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング