事故引き金の男性は病死=2人死亡の多重衝突―熊本

時事通信 / 2019年4月24日 12時7分

熊本市中央区の国道で男性2人が死亡した多重事故で、熊本県警熊本南署は24日、最初に原付きバイクに衝突し事故の引き金になったトラックを運転していた男性の死因が内因性の心臓疾患だったと発表した。司法解剖の結果、判明した。同署は男性の病気が事故に影響した可能性があるとみて捜査する。[時事通信社]

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング